鹿児島市議会議員定数条例一部改正の件 議員定数は50人から45人へ!

3月22日の最終本会議において、約2,510億円の平成30年度一般会計当初予算を始めとする議案49件を、いづれも原案通り可決しました。

今回、私が提出者の代表として提案説明および個人質疑の答弁を行った、第129号議案「鹿児島市議会議員定数条例一部改正の件」についても、全会一致にはならなかったものの、賛成46 反対3 で原案可決となりました。

これにより、平成32年4月に実施予定の次回選挙から議員定数は現在の50人から45人に5人削減されることが決定しました。

非常に重たい議案でしたが、ご賛同頂いた各会派等の皆さんに感謝申し上げます。

また、反対する立場から個人質疑において論戦を交わし、私に答弁を求めた共産党の大園たつや議員にも併せて感謝致します。

表決態度を確認する議会運営委員会においては、「無記名での投票での表決を」との提案が大園たつや議員よりなされましたが、私としては「覚悟を問う議案」としておりましたので、各議員が責任を持って議決して頂くよう、表決態度が議事録に残る「起立表決」か「記名投票」での表決を求めました。

結果として、私の主張した「記名投票」を電子表決によって行うこととなりましたので、あってはならないことですが造反を防ぐことが出来るとともに、後にこの議論を振り返る際の参考になると考えます。

本会議終了後、マスコミの方々の囲み取材を受けました。



聞かれたことのみに答えたわけですが、当然のことながら、各社の報道はそれぞれ構成や伝え方のニュアンスが違うものだと感じました。

 

今後は、当局への監視機能や政策提言能力などの議会力を落とすことの無いよう、議員各位が更なる努力をすることが求められますので、私自身も更に精進して参ります。

また、新年度予算の詳細につきましては、今後議会報告なども作成するなかでお伝えして参りたいと思いますので、宜しくお願い致します。