自民党青年部長・青年局長合同会議および自民党青年部・青年局大会

第85回自民党大会に先駆け、3月24日、青年部・青年局大会が開催されました。
私は党大会に代議員(各県連4名)として出席するのですが、こちらには鹿児島県連青年局長として出席。
先ずは毎年恒例となった、自民党本部駐車場を利用した屋台村で昼食を摂りました。
基本的には地方組織関係者を中心とした内部向けのものなので、無料で振舞われますが、被災地に対する義援金を寄付する募金箱が置いてあり志を入れてもらうようになっております。
当時の石破幹事長が作った「石破カレー」で有名になった屋台村ですが、今年は沖縄そばやゴーヤチャンプルなどの沖縄料理が振舞われました!

その中で私が選択したのはシークワーサージュースとアグー豚丼!

飲み物の選択は他にありませんでしたので、アグー豚丼との相性は別です。笑
このあとゴーヤチャンプルーも頂きましたが写真はありません💦
いずれも美味しくいただきました!

 

その後、先ずは全国青年部長・青年局長合同会議に出席。
これは青年部・青年局大会を開催するにあたり、党本部青年局役員や各県連の部長・局長が出席し、議事内容の確認等を行う会議となっております。

鈴木けいすけ青年局長の挨拶

今年は議事を済ませた後、憲法改正推進本部の細田博之本部長および中谷元本部長代理より、憲法改正に関する党内の議論状況ついて説明を受け、自民党としての方針を全国の青年組織幹部と共有しました。

細田博之憲法改正推進本部長からの説明

この大会は毎年、党大会前日に女性局と合同で行なっており、今年も全国から約500名の青年局・女性局の幹部らが一堂に会し、さらに安倍総裁・二階幹事長にもご出席いただきました。

鈴木けいすけ青年局長挨拶

二階幹事長挨拶

安倍総裁は「私たちは選挙に勝ったことで政策を力強く実行していくことができる。政権を取り戻してからの5年間で経済は11.7%も成長した」と、これまでの成果を振り返るとともに「これからは女性や若い皆さんが夢や希望、意欲を持って頑張れる社会にする事が求められており、皆様と共に未来を切り拓いていきたい」と呼びかけました。

安倍総裁の挨拶

この他、憲法改正へ向けた国民運動の先頭に立つことなどを盛り込んだ活動方針を決定し、党本部青年局と全国の青年部・青年局が一体となって活発に活動していくことを誓い合いました。

また、大会では青年局・女性局の優秀党員が表彰され、私も青年局の優秀党員として表彰を受けました。

全国の青年局が集まる青年部長・青年局長合同会議では、久々に「日本青年台湾研修2016」で学んだ仲間とも再会。

真ん中が当時の団長を務めた福田俊史鳥取県連青年局長、左が渡辺淳也山梨県連青年部長。
青年局の同志がふるさとのため、また日本の将来のために全国各地でそれぞれ尽力していることに刺激を受け、私も更なる精進を誓いました!