• 「活力と優しさ」に満ちた鹿児島市を目指して。

    鹿児島市民の皆さまと共に。

    川越けいじは市民の皆様の代弁者としてリアリティのある政治を求め、これからもその職責を果たして参ります。

    活動報告ブログ
  • Political target 1

    子育て支援策の更なる拡充

  • Political target 2

    社会福祉の充実した街づくり

  • Political target 3

    救命救急体制の整った街づくり

  • Political target 4

    犯罪の無い安全な街づくり

  • Political target 5

    活力と優しさに満ちた街づくり

  • Political target 6

    豊かな心と健全な身体を育む教育

鹿児島市議会議員 川越桂路活動報告ブログ最新記事

鹿児島市役所 本館整備事業

活動報告ブログ最新記事   活動報告ブログ

Read More

2019年市議会報告

活動報告ブログ最新記事   活動報告ブログ

Read More

千日町1・4番街区再開発事業の進捗状況

活動報告ブログ最新記事   活動報告ブログ

Read More

平成31年度 鹿児島市への予算要望

活動報告ブログ最新記事   活動報告ブログ

Read More

2018年市議会報告

活動報告ブログ最新記事   活動報告ブログ

Read More

第85回自民党大会で議長を務めました!

活動報告ブログ最新記事   活動報告ブログ

Read More

造士館3月例会「プロジェクトJ」未来は私たちの手の中

活動報告ブログ最新記事   活動報告ブログ

Read More

4期16年、鹿児島市民の皆さんと共に。

川越桂路より鹿児島市民の皆さまへ。

 

安全で活力のある鹿児島市づくりを目指す、子育て世代の45歳・4子の父「川越桂路」

 川越桂路

 

昭和46年12月
鹿児島市生まれ。敬愛幼稚園・山下小学校を経て甲東中学校を卒業する。

平成2年3月
鹿児島玉龍高校 卒業

平成6年3月
青山学院大学経営学部 卒業

平成6年4月
西日本銀行(現 西日本シティ銀行)入行

平成10年12月
政治を志して西日本銀行を退職

平成12年4月
鹿児島市議会議員に28歳(最年少)で初当選
現在まで5期連続当選。

 

  • 自民党青年局 中央常任委員
  • 自民党鹿児島県連 青年局長
  • 山下小学校PTA会長
  • 鹿児島玉龍高校同窓会40期幹事
  • (社)鹿児島青年会議所シニアクラブ会員
  • ボーイスカウト鹿児島県連盟理事
  • 内閣府認証NPO法人日本犯罪防止事業団事務局長

 

平成12年4月の市議選におきまして、28歳(最年少)で鹿児島市議会にお送り頂いてから、議会運営委員会の委員長(通算3年)を始め、様々な責任ある役職を務め研鑽を積むなかで、市勢発展および市民福祉の向上に懸命に取り組んで参りました。

政策面では、立候補時から政策の柱に掲げておりました「安全な鹿児島市づくり」において「ドクターカーの運用開始」「学校における安全管理マニュアルの策定」「安全安心まちづくり条例の制定」「暴力団排除条例の制定」「セーフコミュニティ国際認証」などを始め様々なものが具現化しております。

また、これまでも子育て世代の代表として、「こども医療費助成制度」(平成28年4月から中学校3年生まで拡大)「市立小中学校の普通教室へのクーラー設置」などを始め、様々な子育て支援施策の拡充に取組んで参りました。

今後も子供からお年寄りまで全ての世代の方々が、安心して暮らすことの出来るよう、市民福祉の更なる向上に努めて参ることをお約束します。

これからも初心を忘れることなく、市民の皆様の代弁者として、議員の職責を果たして参りますので、皆様のご指導ご鞭撻を賜りますよう何卒宜しくお願い申し上げます。

鹿児島市議会議員 川越桂路

 

安心安全なまちづくり

安心安全なまちづくり

犯罪の防止や交通事故の撲滅、救急救命体制の確立などをはじめ各面から「安全な鹿児島市」づくりに取り組んでいます。

市民福祉の向上

市民福祉の向上

子供からお年寄りまで、市民の誰もが安心して暮らせる「住み良い鹿児島市」をつくるため、福祉施策の充実に取り組んでいます。

子育て支援

子育て支援

4子の父・子育て世代の代表として、「安心して産み育てられる」子育て支援施策の更なる拡充に取り組んでいます。

教育環境の整備充実

教育環境の整備充実

豊かな感性、優しい心、強い精神力を育み、確かな学力を身につけられる教育環境の充実に取り組んでいます。

地域経済の活性化

地域経済の活性化

「活力と優しさに満ちた鹿児島市」を実現するため、中心市街地活性化をはじめとする地域経済の諸課題に取り組んでいます。

鹿児島市議会における正副委員長等就任歴

在職16年間で議会運営委員会委員長(3回)をはじめ、14回も正副委員長を歴任させて頂いた実績は議会内で最も多い就任歴となります。

1期目(平成12年4月29日〜)

・総務消防委員会 副委員長(平成15年)
・九州新幹線に係る諸問題を調査検討する特別委員会副委員長(平成15年)

2期目(平成16年4月29日〜)

・総務消防委員会 委員長(平成16年)
・都市整備対策特別委員会 委員長(平成17年)
・市立病院のあり方及びJT跡地の活用策等に関する調査特別委員会 委員長(平成19年)

3期目(平成20年4月29日〜)

・環境文教委員会 副委員長(平成20年)
・定額給付金及び子育て応援特別手当に係る予算審査特別委員会 委員長(平成21年)
・議会運営委員会 委員長(平成21年)
経済企業委員会 副委員長(平成22年)
・第86回全国市議会議長会定期総会において一般表彰(勤続10年以上) 於:東京都(平成22年)

4期目(平成24年4月29日〜)

・環境文教委員会 委員長(平成24年)
・桜島爆発対策特別委員会 副委員長(平成24年)
・議会運営委員会 委員長(平成25年)
・議会運営委員会 委員長(平成26年)
・環境文教委員会 副委員長(平成27年)
・第91回全国市議会議長会定期総会において一般表彰(勤続15年以上) 於:東京都(平成27年)

5期目(平成28年4月29日〜)

平成28年4月29日より5期目の任期に入りました。今後も鹿児島市民のみなさまと共に歩みますと伴に、議員としての職責を果たして参ります。

・鹿児島市監査委員

川越桂路の政治目標

安全で安心して暮らせる活力ある鹿児島市を目指し、市民の皆様の代弁者として、リアリティのある市政を求め、職責を果たして参ります。

  • 安心安全なまちづくり
  • 市民福祉の向上
  • 子育て支援
  • 教育環境の整備充実
  • 地域経済活性化

 

 

活動報告ブログ

第85回自民党大会で議長を務めました!

第85回自民党大会に先駆け、3月24日、青年部・青年局大会が開催されました。
私は党大会に代議員(各県連4名)として出席するのですが、こちらには鹿児島県連青年局長として出席。
先ずは毎年恒例となった、自民党本部駐車場を利用した屋台村で昼食を摂りました。
基本的には地方組織関係者を中心とした内部向けのものなので、無料で振舞われますが、被災地に対する義援金を寄付する募金箱が置いてあり志を入れてもらうようになっております。
当時の石破幹事長が作った「石破カレー」で有名になった屋台村ですが、今年は沖縄そばやゴーヤチャンプルなどの沖縄料理が振舞われました!

その中で私が選択したのはシークワーサージュースとアグー豚丼!

飲み物の選択は他にありませんでしたので、アグー豚丼との相性は別です。笑
このあとゴーヤチャンプルーも頂きましたが写真はありません💦
いずれも美味しくいただきました!

 

その後、先ずは全国青年部長・青年局長合同会議に出席。
これは青年部・青年局大会を開催するにあたり、党本部青年局役員や各県連の部長・局長が出席し、議事内容の確認等を行う会議となっております。

鈴木けいすけ青年局長の挨拶

今年は議事を済ませた後、憲法改正推進本部の細田博之本部長および中谷元本部長代理より、憲法改正に関する党内の議論状況ついて説明を受け、自民党としての方針を全国の青年組織幹部と共有しました。

細田博之憲法改正推進本部長からの説明

この大会は毎年、党大会前日に女性局と合同で行なっており、今年も全国から約500名の青年局・女性局の幹部らが一堂に会し、さらに安倍総裁・二階幹事長にもご出席いただきました。

鈴木けいすけ青年局長挨拶

二階幹事長挨拶

安倍総裁は「私たちは選挙に勝ったことで政策を力強く実行していくことができる。政権を取り戻してからの5年間で経済は11.7%も成長した」と、これまでの成果を振り返るとともに「これからは女性や若い皆さんが夢や希望、意欲を持って頑張れる社会にする事が求められており、皆様と共に未来を切り拓いていきたい」と呼びかけました。

安倍総裁の挨拶

この他、憲法改正へ向けた国民運動の先頭に立つことなどを盛り込んだ活動方針を決定し、党本部青年局と全国の青年部・青年局が一体となって活発に活動していくことを誓い合いました。

また、大会では青年局・女性局の優秀党員が表彰され、私も青年局の優秀党員として表彰を受けました。

全国の青年局が集まる青年部長・青年局長合同会議では、久々に「日本青年台湾研修2016」で学んだ仲間とも再会。

真ん中が当時の団長を務めた福田俊史鳥取県連青年局長、左が渡辺淳也山梨県連青年部長。
青年局の同志がふるさとのため、また日本の将来のために全国各地でそれぞれ尽力していることに刺激を受け、私も更なる精進を誓いました!

    そして翌日はいよいよ第85回自民党党大会!

全国の青年局を代表し党大会での議事を進行する議長団の大役を務めさせて頂きました



また、大会の最後にも登壇させて頂き、党歌斉唱の後、安倍総裁を始めとする執行部の皆さんとともに万歳三唱を行いました🙌


非常に貴重な経験をさせて頂いたことに感謝申し上げますとともに、これからも故郷鹿児島そして日本の将来のため微力ながら尽力して参ろうと決意を新たにしました。

党大会の動画では国歌斉唱の後、25分頃から私が議長として登壇します!
動画は以下のリンクから。
https://www.youtube.com/watch?v=Ymiza-aFnHw

造士館3月例会「プロジェクトJ」未来は私たちの手の中

自民党鹿児島県連青年局が運営する政治大学校「ふるさとリーダー育成塾 かごんま造士館」も5年目を迎えており、私は県連の青年局長として、また造士館の事務局長として様々な講座を実施しております。

毎月第三土曜日に開講し、年間10回の講座を実施しているわけですが、3月例会は自民党本部の青年局長である鈴木馨祐(けいすけ)衆議院議員をお迎えし、全国で自民党青年局が取り組んでいるパネルディスカッション「プロジェクトJ」を開催しました。
今回は現在の塾生である5期生に加え、大学生や高校生にも参加して頂きました。

「若年層の政治参画について」をテーマとして設定し、パネラーの平田さん(塾生)・松村さん(インターン生・鹿児島大学)・川越さん(高校生)・鈴木青年局長、それぞれの立場から、現状分析等についてパネルディスカッションを実施。
コーディネーターは私が務めました。

 

パネルディスカッションの後、若年層の政治参画を促すために自分たちが何をすべきかについてグループ討議を行い、グループごとの発表ではそれぞれ特色ある様々な意見やアイディアが出ました。
これからの日本の未来を担う若者たちが、政治に関心を持ち、より良い将来を創ることに取り組むための一助となれば幸いです。

そして3月例会終了後は、鈴木局長といつもお世話になっている党本部の牧田さんをもてなすため、私の地元「天文館」へ!
同級生のお店天文館の名店「白鹿」に伺い楽しい夜を過ごしました。
美味しい料理の写真を撮り忘れたのはご愛嬌。笑
青年局常任委員とお手伝い頂いたインターン学生の松村さんも一緒に撮影。

これで鹿児島の夜は終わるはずもなく。。。
鹿児島の名産と言えば「うなぎ」。
東京から来たお二人にはディープ鹿児島を味わっていただきたい!

となると、天文館で遅い時間に鰻と言えば、鹿児島県産の鰻をお店で捌いて焼き上げる「一代」です!


翌朝7:30の飛行機で東京を経由して青森に向かう鈴木局長のために、鰻と貝汁で明日への鋭気を養いました!

が、天文館の夜は未だ終わらず、最後の〆はラーメン。笑
流石に食べ過ぎているので、ラーメンミニの選べる「おこば」へ。

写真はおこばラーメンのミニですが、普通のラーメンと変わらないかも。

でも結局、この後に替え玉まで頼み、鈴木局長とシェアして食べました!

鹿児島市議会第1回定例会では、一般会計当初予算の審査を始め、自分自身が議案提出者の代表となって提出した「鹿児島市議会議員定数条例一部改正の件」に関する提案説明や個人質疑に対する答弁作成など、時間的にも非常に厳しい部分がありましたが、造士館3月例会をプロジェクトJにして良かったと感じられる例会となりました。
お忙しいなか、鹿児島でのプロジェクトJの開催にご協力頂いた鈴木青年局長と、サポートして頂いた自民党本部の牧田さんに感謝申し上げます。
今後も更に精進し、様々なことに取り組んで参ります。

 

 

鹿児島市議会議員定数条例一部改正の件 議員定数は50人から45人へ!

3月22日の最終本会議において、約2,510億円の平成30年度一般会計当初予算を始めとする議案49件を、いづれも原案通り可決しました。

今回、私が議案提出者として提案説明および個人質疑の答弁を行った、第129号議案「鹿児島市議会議員定数条例一部改正の件」についても、全会一致にはならなかったものの、賛成46 反対3 で原案可決となりました。

これにより、平成32年4月に実施予定の次回選挙から議員定数は現在の50人から45人に5人削減されることが決定しました。

非常に重たい議案でしたが、ご賛同頂いた各会派等の皆さんに感謝申し上げます。

また、反対する立場から個人質疑において論戦を交わし、私に答弁を求めた共産党の大園たつや議員にも併せて感謝致します。

表決態度を確認する議会運営委員会においては、「無記名での投票での表決を」との提案が大園たつや議員よりなされましたが、私としては「覚悟を問う議案」としておりましたので、各議員が責任を持って議決して頂くよう、表決態度が議事録に残る「起立表決」か「記名投票」での表決を求めました。

結果として、私の主張した「記名投票」を電子表決によって行うこととなりましたので、あってはならないことですが造反を防ぐことが出来るとともに、後にこの議論を振り返る際の参考になると考えます。

本会議終了後、マスコミの方々の囲み取材を受けました。



聞かれたことのみに答えたわけですが、当然のことながら、各社の報道はそれぞれ構成や伝え方のニュアンスが違うものだと感じました。

今後は、当局への監視機能や政策提言能力などの議会力を落とすことの無いよう、議員各位が更なる努力をすることが求められますので、私自身も更に精進して参ります。

また、新年度予算の詳細につきましては、今後議会報告なども作成するなかでお伝えして参りたいと思いますので、宜しくお願い致します。

3 / 1212345...10...最後 »