• 「活力と優しさ」に満ちた鹿児島市を目指して。

    鹿児島市民の皆さまと共に。

    川越けいじは市民の皆様の代弁者としてリアリティのある市政を求め、これからもその責務を果たして参ります。

    活動報告ブログ
  • Political target 1

    子育て支援策の更なる拡充

  • Political target 2

    社会福祉の充実した街づくり

  • Political target 3

    救命救急体制の整った街づくり

  • Political target 4

    犯罪の無い安全な街づくり

  • Political target 5

    活力と優しさに満ちた街づくり

  • Political target 6

    豊かな心と健全な身体を育む教育

4期16年、鹿児島市民の皆さんと共に。

川越桂路より鹿児島市民の皆さまへ。

 

安全で活力のある鹿児島市づくりを目指す、子育て世代の44歳・4子の父「川越桂路」

 川越桂路

 

昭和46年12月
鹿児島市生まれ。敬愛幼稚園・山下小学校を経て甲東中学校を卒業する。

平成2年3月
鹿児島玉龍高校を卒業する。

平成6年3月
青山学院大学経営学部を卒業する。

平成6年4月
西日本銀行(現 西日本シティ銀行)に入行する。

平成10年12月
政治を志して西日本銀行を退職する。

平成12年4月
鹿児島市議会議員に28歳(最年少)で初当選する。
現在まで4期16年連続当選。

 

  • 山下小学校PTA会長
  • 鹿児島玉龍高校同窓会40期幹事
  • (社)鹿児島青年会議所シニアクラブ会員
  • ボーイスカウト鹿児島県連盟理事
  • 内閣府認証NPO法人日本犯罪防止事業団事務局長
  • 自由民主党鹿児島県連青年局次長 など

 

平成12年4月の市議選におきまして、28歳(議会内で最年少)で鹿児島市議会にお送り頂いてから4期16年、議会運営委員会の委員長(通算3年)を始め、様々な責任ある役職を務め研鑽を積むなかで、市勢発展および市民福祉の向上に懸命に取り組んで参りました。政策面では、立候補時から政策の柱に掲げておりました「安全な鹿児島市づくり」において「ドクターカーの運用開始」「学校における安全管理マニュアルの策定」「安全安心まちづくり条例の制定」「暴力団排除条例の制定」「セーフコミュニティ国際認証」などを始め様々なものが具現化しております。また、これまでも子育て世代の代表として、「こども医療費助成制度」(平成28年4月から中学校3年生まで拡大)「市立小中学校の普通教室へのクーラー設置」などを始め、様々な子育て支援施策の拡充に取組んで参りました。今後も子供からお年寄りまで全ての世代の方々が、安心して暮らすことの出来るよう、市民福祉の更なる向上に努めて参ることをお約束します。これからも初心を忘れることなく、市民の皆様の代弁者として、議員の職責を果たして参りますので、皆様のご指導ご鞭撻を賜りますよう何卒宜しくお願い申し上げます。鹿児島市議会議員 川越桂路
安心安全なまちづくり

安心安全なまちづくり

犯罪の防止や交通事故の撲滅、救急救命体制の確立などをはじめ各面から「安全な鹿児島市」づくりに取り組んでいます。

市民福祉の向上

市民福祉の向上

子供からお年寄りまで、市民の誰もが安心して暮らせる「住み良い鹿児島市」をつくるため、福祉施策の充実に取り組んでいます。

子育て支援

子育て支援

4子の父・子育て世代の代表として、「安心して産み育てられる」子育て支援施策の更なる拡充に取り組んでいます。

教育環境の整備充実

教育環境の整備充実

豊かな感性、優しい心、強い精神力を育み、確かな学力を身につけられる教育環境の充実に取り組んでいます。

地域経済の活性化

地域経済の活性化

「活力と優しさに満ちた鹿児島市」を実現するため、中心市街地活性化をはじめとする地域経済の諸活動に取り組んでいます。

4期16年の歩み

平成11年
新生児用ドクターカーの導入のため、天文館通りで署名活動を展開。

平成12年
救命救急センターの専属医師の必要性やドクターカーの必要性について訴える。

平成13年
新生児用のドクターカー導入

平成14年
救命救急センターに専属医師1名が配属(その後平成24年までに7名まで増員)

平成19年
第3回定例会 個人質疑
乳幼児医療費助成制度の堅持(県からの補助の堅持)

平成22年
広島県呉市へドクターアイの視察

平成23年
ドクターヘリ運航開始

平成24年
子育て支援政策の拡大・充実

平成25年
・5月より議会運営委員会の委員長になる

平成26年
ドクターカー運用開始(一般傷病者用)

4期16年の実績、鹿児島市議会における正副委員長就任歴

在職16年間で議会運営委員会委員長(3回)をはじめ、14回も正副委員長を歴任させて頂いた実績は議会内で最も多い就任歴となります。

1期目(平成12年4月29日〜)

・総務消防委員会 副委員長(平成15年〜)
・九州新幹線に係る諸問題を調査検討する特別委員会副委員長(平成15年〜)

2期目(平成16年4月29日〜)

・総務消防委員会 委員長(平成16年〜)
・都市整備対策特別委員会 委員長(平成17年〜)
・市立病院のあり方及びJT跡地の活用策等に関する調査特別委員会 委員長(平成19年〜)

3期目(平成20年4月29日〜)

・環境文教委員会 副委員長(平成20年〜)
・定額給付金及び子育て応援特別手当に係る予算審査特別委員会 委員長(平成21年〜)
・議会運営委員会 委員長(平成21年〜)
経済企業委員会 副委員長(平成22年〜)
・第86回全国市議会議長会定期総会において一般表彰(勤続10年以上) 於:東京都(平成22年)

4期目(平成24年4月29日〜)

・環境文教委員会 委員長(平成24年〜)
・桜島爆発対策特別委員会 副委員長(平成24年〜)
・議会運営委員会 委員長(平成25年〜)
・議会運営委員会 委員長(平成26年〜)
・環境文教委員会 副委員長(平成27年〜)
・第91回全国市議会議長会定期総会において一般表彰(勤続15年以上) 於:東京都(平成27年)

川越桂路の政治目標

安全で安心して暮らせる活力ある鹿児島市を目指し、市民の皆様の代弁者として、リアリティのある市政を求め、職責を果たして参ります。

  • 子育て支援策の更なる拡充
  • 社会福祉の充実した街づくり
  • 救命救急体制の整った街づくり
  • 犯罪の無い安全な街づくり
  • 活力と優しさに満ちた街づくり
  • 豊かな心と健全な身体を育む教育